2018年11月12日月曜日

CL50オイル交換 odo:24000km



敬愛するTitanicのオイルに交換。
スペルだけじゃチタニックかタイタニックかわからんけど、Amazonに書いてあるから多分チタニック。

因みに、いつもはHonda G2 10W-40YAMAHA プレミアムシンセティック 10W-40
晩秋、初春はこのTitanicの5W-30で、真冬は0W-20G4 0W-30
高いなぁとか柔らかすぎるなぁって思うときは安モンとブレンドっすわ。


交換後、バイト上がりに夜の27号を回して帰った。
コンビニで一杯のコーヒーを煽って、家に帰るためにキーを回してキックする。

・・・スカッ!!
・・・スカッ!!
トゥルル~~ン ポポポポポポp...

圧縮が...
これは油温上がりすぎてバルブ開きっぱなしパティーンですねぇ...(名推理
つまり、暖まると金属が膨張して、タペットクリアランスゼロになるやーつ。
0.06mmで調整してみるかな。

因みに、クラッチ板が逝ったフィーリングに似てたけど、翌朝キックしたら元の圧縮に戻っていた。

5W-30はまだ早かったか。


オイル交換:
RedMonaka 240000km

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
だからCL50増車の話を先に書けって言ってんだろ!!!
2018年11月11日日曜日

2018.11.10 Diary_挙原の林道


午前、Jas子のエンジンに組み込むバルブが届いた。
眠たかったので、受け取った箱を抱いて二度寝。
昨晩は3時まで本を読んでいたのだ...。

12時になって、n日目のカレーを解凍しつつバルブシートを叩きまくった。
インティーク側のでっかいバルブを使いまわそうと考えていたけど、
手元に2本ある中古バルブはどちらもノッキング疑惑があったんだよなこれが。
これでヘッド周りは概ね問題なし。


さて。

冒頭の写真は、実家へ帰る途中に撮ったものです。
実家で用事をとっとと済ませて、適当にじいちゃん家にでも寄ろうかと考えながらアパートのドアを開けると、まさかの秋晴れでして。
それで、27号を東に走りながら遠くに見える山々の彩りを眺めていたら魔が差して、以前父親から聞いていた林道にふら~っと突撃しちゃった。




ま、残念なことに道を間違えて行き止まりにぶち当たりましたが。
目標とする林道は第四か第五の工区ですが、なんとまあ第一工区というかなり"下(しも)"の道を走っていたようです。
最終的には稜線上でつながるようなのですが、第四か五のほうが眺めがいいとこまで走れるらしい(父親談)。
だってぇ、泥んどろんのヌベンヌベンの道だったから違う道だと思ったんだもん(ギャル風)。

余談ですが、親父は土木関係の仕事です。
バイクには乗っていません。




( ^ω^)「ドロドロのCLはかっこいいなぁ。」
(;^ω^)「(CL増車の話はまた今度だ!)」


ちなみにこの林道は、国道162号から分岐する福井県道35号 久坂中ノ畑小浜線を走り、
木谷地区の更に奥、挙原の付近から百里ヶ岳山系のどっかしらの尾根に登る林道です。
県道の時点で既にドロドロの未舗装路で、サスがビジバイなCLだと走り甲斐があります。

残念ながら未だ林道は完工しておらず、大好きなおにゅう峠も目と鼻の先にあるのに、この場所からは登れません。




それにしてもパーコレーションが酷いです。
まあ走るし大丈夫か。




で、実家に帰って用事を済ませると、父親が「肉行こうぜ肉肉肉にk」って誘ってくれたので五味焼に行きました。
メッチャローカルで身内なネタですが、久しぶりの牛だったので。
父親とサシで話す機会ってのはなかなか無いわけですが、そろそろ普通車が欲しいって言ってました。
十数年育ててくれた恩返しとして買ってやりたいなぁとも思いますが、僕はひとまず食費すら怪しいので明日もアルバイトに勤しみます。

社会人になってからだな。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
Diaryってラベルを作ってみました
2018年11月8日木曜日

圧縮が消えた日(5日目)


本日は晴天や...
学び舎から見える青葉山がカラフルや...

このバイクは後の記事できっと触れるのでスルーで。




で、学校から帰るとすぐに○川のオッチャンが例のブツを届けてくれた。
どっきりどっきりDON DON!なヤフオクシリンダー。
前のシリンダーはオイルリターン経路が酷かったけど、さてこいつはどうだ...





(  ^ω^)wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


(^ω^)wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwww


クリアランスどうなってんねーーーーーん!!!!!!


ピストンがシリンダーにインストールされた状態で送られて来たが...
まさかまさかのキツキツを越えてぴったりサイズだった...。

無理やり押し込まないと入らない...
手元にある別の50mmを使えば多少はマシになるけど、鉄シリンダーでこれはなぁって感じのクリアランスにしかならなさそう...
ってことは前に使ってたヤフオクアルミシリンダーか、追加購入だなぁ。

難儀しています。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
2018年11月5日月曜日

圧縮が消えた日(4日目)

「チーズとキムチを追加した5日目のカレーはおいしいなぁー」

SAO-Aを見ながら思うわけですよ、ぼかぁ。
作り置きのカレーは日を追うごとに旨味が増しますが、期待値は減少します。
ならばトッピングで対処すればよいのです。
あっ、僕は...天才なのでは......。


・・・。

さて、早くも圧縮が消えた4つ目の記事です。
2年目の年越し宗谷を書き終えてもまだまだ大量にネタは残っとりますが、それは置いておいて。

とりあえず結果から書くと、ヤフオク97ccに決定しました。888888888

まあ、カフェカブ青山を諦めてせっせこバイトしても15k Yenほどしか捻出できなかったのでしゃーないわけですよ。
JUNやタケガワはその倍必要なので、今回は見送りです。
安さで購入を決めるのは良くないわけですが、そうも言ってられない場合は例外。

で、このヤフオク97ccはほぼほぼタイカブ100EXと同仕様です。
"ほぼほぼ"としたのは、ピストンに関して、トップの角の切削量やピストン裏形状といった、単純な精度以外の部分が多少違うからです。
でも圧縮比等への影響は無いような、微々たる違い。
素材の違いや裏面加工の違いによる放熱性、重さによるピストンスピードの違いはありますが、そのままでも自分でペーパー当てれば使えるくらいのもんだと思います。

(あっ、あとシリンダーブロックのオイルリターン経路が酷い。)

まっ、このピストンは得体が知れなさすぎるので使わないとして。(笑)
今持っている50mmピストンは以下の通り。

1.この前使った100EX純正の50mm
2.ホンダ車の謎50mm
(3.ヤフオク97cc付属の50mm)


昔maniacさんから50mmのハイコンプピストンが出ていたのですが、今は出て無いようです。
できればこれを使いたかったのですが、無いものはどうしようもない。
そこでパーツボックスを漁ってみると、何故か謎の50mmピストンがあったのでこれが使えないか思案中。
うーん、前に97cc作った時になんかのパーツが流用できそうだ、って云って買ったんだよなぁ。




で、ピストンピン部分で合わせてみるとどうもheightが低い。
ただ、ピストン中央が若干盛り上がっているから使えなくもないのではないだろうか。
・・・しかし、バルブリセスもまた大きい。

どうしたもんかねぇ。
どっちのが圧縮高いんだろう(笑)

多分、中央がへっこんでいることを考えれば、タイカブ100EXよりも圧縮は高いと思う。
推定(ガチで目算)9~9.1くらい。
あっ、書いていて気づいたけれどピストンリングの厚さが違うやこれ。

まあ、今回は信頼性が必要なので1.の純正ピストンにしたいと思います。
ピストンリング付近のオイル経路が多いのと、謎に比べるとスカートの厚みがあること。
それに、なんといっても「存在する仕様」であることが、信頼性の理由。

組み手が組み手なのでその信頼性も灰燼に帰す可能性が高いですが、できるだけ善処したいと思います。(キリッ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
気が向いたら4のピストン使って別のエンジン組んでみたい
2018年11月4日日曜日

【2017 - 2018 年越し宗谷2】最終日 日本海 - 小浜

最終日


2018.01.03 21:40 舞鶴湾

まあこの季節は遅れてるのがデフォだからね。
家そこだから遅れててもなんら問題ないし(笑)

・・・ちなみに昨日寝た後のことなんか覚えてねえwww







じゃあな、ナスゥ!!






2018.01.03 22:40 前島埠頭<snf舞鶴ターミナル>

上陸。

すべての道はローマに通ず。
裏を返せば、すべての道は北海道に通ず。
これ世の然り。

・・・ツッコミ役が居ないんだよなぁ。


ここ、アパートから15分位の場所にあるターミナルなので、たまに来ます。
ターミナルに来ると、いつも北海道の楽しさを思い出す。





船の仲間(ゴリ、たに氏、うっきょ)に感謝!!
北の大地に大感謝!!!!


で。

舞鶴から小浜はもうなんかいつもの道。
路面も真っ黒で、大したことない。
天気はどうだったか覚えてないけど、フラフラと、バーンと流して帰った。


 

こたつに入って、産地直送のやきそば弁当を食べながら各方面に帰宅報告。

今年はあまり楽しい行程ではなかった。
理由は新規性が無かったから。
去年と同じような道を同じバイクで、しかも去年よりも充実した装備で走った。
そりゃあ最高の季節に最高の大地を走れるのは楽しい。最高の仲間に出会うのも然り。

でも、同じことを何度もするのは英語の書き取りをするようなもんです。

2年連続は、さすがに飽きが来ました。


と、いうことで。
来年度(今年)はお楽しみにィ!!!!!



---- 最終日 result ----
走行距離:39km
総走行距離:1272.4km


---- 使用金額 result ----
ガソリン:        02983円
おみや:           04478円
フェリー:        (7976+6690)*2 = 29332円
上以外:           12018円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
計:                 48811円


---- 燃料関係 result ----
燃費平均42.60km/L
最高52.51km/L
最低36.90km/L

給油量21.97L


---- すぺさるさんくす ----
じゅえるーん:遊んだ人の勝ち! ~大学生カブ乗りの日記~
うきょう:カブとキャンプと道草

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
教訓:日記書かないならすぐ記事書くこと!(笑)
2018年11月2日金曜日

圧縮が消えた日(3日目)

バイト上がってバイク走らせてて我思ふ。
前のエンジンの腰上使えるんじゃね?

ってことで、下ろしてから放置していたヤフオク97ccエンジンの腰上をばらしてみた。




うーん、極端な傷も無いし、シリンダーも十分なクロスハッチ。
このエンジンはプラグ口が舐めて下ろしたんですけど、どうもそれ以前からパワー感が無かった。
PB16で純正72ccに毛が生えた程度か、それ以下。
さて...これはヘッド周りの問題と捉えるか...。

で、今使っているJUN105はピストンリング周りが死んで腰下に吹き抜けているため圧縮が消え、またオイル上がりによる過剰なオイルの消費とみました。


・・・ここまでが昨日の話。


で、今日になって、昨日バイトで時間がなくてバラせなかった今載っているエンジンをバラしました。
つまり、ついさっき。





結果は散々。

ヘッド開けた途端に、異常に溜まったカーボンが目に入った。
あ~これはバルブに噛んでるなぁ。






それで、お手製のクソみたいに力がいるバルブコッター外しでソイヤしてバルブ周り分解して驚いた。
インティーク側にバルブステムシールが無い。

なんと!!!
・・・なんと!!!!!!!!!

ヤフオク寄せ集めで組み立てたエンジンなのでこれは盲点だった。目を疑ったね。
小一時間ステムシールを探そうかと思ったけど、そう簡単に外れるパーツじゃないからやめた。

これで『圧縮が消える』って結果に原因が結びついた。
つまり、

ステムシールが無い -> 
オイル下がり -> 
萌えるオイル -> 
堆積するカーボン -> 
バルブのカーボン神 -> 
圧縮が消える
(ついでにシリンダーが傷つく)

です!\( 'ω')/

で、今は燃焼室内のカーボンを剥がしがてら発注する部品を選別するためにPCを開いています。
今季は豊作すぎて消費が追いつかない日々ですが、敢えてオススメしたいのは『色づく明日の世界から』です。すき。

さて、時期エンジンはどうすっかな...。
JUN105はクロスハッチがかなり弱ってたので(多分オイルが減って潤滑が不十分だった)97ccにするかなぁ。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
原因がわかればこっちのもんだ。ガハハ、勝ったな。
2018年11月1日木曜日

圧縮が消えた日(2日目)

(サムネイルです。使いまわしです。)

『圧縮が消えた』と曖昧な表現をしましたが、現実はそう甘っちょろいもんではないです。はい。

事実上のJas子不動状態。

10.31(水)はひねもす暇人間予定だったので、この日に合わせてパーツを発注。
朝もそこそこの時間に起きて黒い猫さんからパーツを受け取って、ついでにキャブセッティングをもう少し詰めて、それで長距離も難なく走れるように整備するつもりだった。
要は、今週末のカフェカブ青山にひょっこりはんするつもりだった...。

異変に気づいたのは、オイルを出したとき。

順を追うと、先ずは朝起きてクリップを下げてエンジンがかからず、疑問に思ってクリップを元に戻した。
つまりエンジンが掛かって、京都に行って帰ってこれたときのセッティング。
この時もエンジンはかからず、既に軽くなっていたキックも気づかずに「もしかしたらジェットが外れているか油面がおかしいか、それともプラグが被ってしまったのか?あっ、火花が飛んでいないのか?」とトラブルシュートに勤しんだ。

その後は汗をかきながら4回ほど坂道から押しがけしたけど変化なし。
それで思い立って、オイルを交換してみることにした。
そいや700kmしか走っていないオイルがやたら汚れていたナァ~、なんて思いながら17mmのボルトをクリクリしてると、なんと100ccしか出てこなかった。



・・・マジか。

ピストンリングがへたる、圧縮が抜ける。
排気が抜ける。ついでにオイルが上がる。黒くなる。

ナールホドナァ。

でも4速トルクの谷でノッキングもしてたからバルブかもしれないなぁ?
ヤダナー。

と、これを書いていたらとんでもない(大したことない)ことを思いついたので、ちょっとそっちの方向でエンジンを作ってみたいと思いまする。



さぁ、手元にある謎の(何のかすら忘れた)ピストンが使えるときが来た!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...