NOTICE スマートフォンで見ると多分インデントがずれます。
同じく、スマートフォンからのコメント投稿ができない恐れがあります。
2018年11月27日火曜日

林道デビュー男と往く、京都高雄の道!(ウジウジ峠・ダルマ峠)

(注意:頑張って書いた気がするので、多分この記事は長い。)

11月24日。

世間では、勤労できることに感謝する日を合わせての金・土・日の3連休。
金、土と感謝しながら労働に勤しみ、迎えた連休最終日の今日この日。
我々旅人男2人は、唯一の休日の喜びを噛み締めながら京都のとある山奥へと足を運ぶ...。



今日の相棒はXLR250Rです。

集合予定は10時から11時にウッディ京北。
小浜を9時頃に出発し、山がカラフルですげかったので、R162は美山までの道をゆる~りと流して走る。
堀越峠を越えたあたり、日差しを浴びて堀越谷の路肩から水蒸気が登ってたのが喜ばしくてパシャリとな。
新機材(カメラ)のテストも兼ねたツーリングです。


で。

美山の道の駅で休憩してたら相方から一本のLINEが...
・・・どうやら休日の喜びを噛み締めて二度寝をかましたようです。



ウッ京北にて

とりあえずウッディ京北まで移動して、タイヤの山ねぇなぁなんて思いながら今日のルートを(ホンノチョット)予習。

京都は高雄のとあるお寺の近くから川を渡って林道へ。
そこから2,3km谷沿いを登るとウジウジ峠やらダルマ峠やらが乱立しており、更に進むことでR162のラーメン屋『キャプテン』の付近に至る道。
普段遣いのCL(50cc)ではそれなりに距離がありますが、いつか来ようと思って地図に書き記していた峠たち。

果たして、その荒れ具合は如何に!

(タイヤの山ほんとねぇなぁ。)




さて、頭を下げながらやってきたのはワッキー氏。
ほぼ2時間遅れでR162は高雄のローソンで合流(笑)。

一応紹介しておくと、秋田で出会って、そこからしばらく付かず離れずで北海道を走りあった仲。
それぞれが地元に帰って、ワッキーが就職したりした後もちょくちょく会っている旅仲間、...です。
ちなみにこのブログにも、NSRに乗っている彼がたまに出てきています。


さて、行きますか。




ちょっとこのカメラに慣れてなくてのぉ...(ブレ)(ブレ)

ルート予習の通り、とあるお寺側から行こうとしたら『11-16ホコ天』ってお巡りさんに言われました。
とりあえず橋まで押して行くも、災害理由の通行止め的な看板があったのと、歩行者天国になるほどの観光客が居るので突破しないほうが無難と判断。
キャプテン側からアクセスしてピークを踏んだら引き返そうかーって移動して、林道に入ってすぐに倒木にぶち当たったのが上の図(笑)。





あー(笑)。
CLだったらフロントアップで超えられてた気もするけど、あいつエンジンガード無いしなぁ。
それにしてもCLの感覚でフロントアップしようとすると、XLRは重たすぎて上がらない。
前にここを通ったっぽい人が切った丸太をタイヤと倒木の間に噛まして通過したっぽいので、それに習うことに。




この人林道初めてらしいんだよなぁ...(後で聞いた)。
濡れた木でタイヤは滑るし、体を動かしながらバイクを動かす為、クラッチワークも独特。





で、一服(笑)。
こんなんもうジュラシック・ワールドやでぇwwwwwっつてケタケタ笑いながら突破した。
僕も「これずっとキーONでもバッテリー上がらないんすよ。・・・なんたってバッテリーレスっすからね(誇らしげ)。」とかクソくだらん話したけど、とにかく我々はこの道を前に終始笑っていた。





そのまましばらく沢沿いを走り、途中でグイッと登っていくと開けたところに出ます。
地図で確認すると、丁度ここらへんがウジウジ峠。

目印があるとすれば、上の写真にも写っている『松尾白峰線』の起点表示。
この宇治宇治谷線から分岐する林道のようです。





まだ登りですが、遠くに京都市街が見えます。




進行方向向こう側がダルマ峠展望所

1kmも走らないうちにダルマ峠へ。
峠自体は特に展望が良いわけでもなく、しかも看板は無いので峠かどうかすら怪しげ。
とりあえずピークはフツーにスルーして、展望所の方へ。

展望所付近は赤土で、かなり開けた場所だったので後輪を滑らせて遊んでみたり。
40%か50%かくらいありそうな坂の先を歩いて偵察に行ってみると、展望が非常に良い感じ。
よし、バイクでアタック!!




デデェーン。

滑るかコケるかすると思ったけど、案外グリップした。
バイク自体のパワーと、タイヤと、あと多分粘土質の地面が良かったのかな。

ってことで、ここが本日の行き当たりばったり林道ツーリングのsummit、ダルマ峠展望所です。
周囲にはすすきがモッサモッサ生えたくり、夜な夜なうさぎが宴会を開いていそうな雰囲気!

最高!!




遠くには京都タワーも見えます。




あっ、準備が良い!珈琲淹れてくれるんですね!!


あっ、へぇ~、、、自分で飲んじゃうんだ...。(僕が撮りたかっただけの2コマ漫画)

珈琲を淹れてもらって、遅めの昼食。
ワッキーがイワタニのジュニアガスバーナーを使うところを見ると、鏡沼キャンプ場のライダーハウスでの珍事を思い出していかん。
バーナーのノブをMAX開いた状態でCB缶を接合してそりゃもう凄かったね。
真っ白なガスが天井まで一直線で吹き出してなまら怖かったよぉ。



フゥウ~~~↑↑↑




記念撮影や...

16時前になって、谷間はそろそろ落日の色が濃くなってきました。
WILD1寄って帰るかーどうしょかーって言いながらとりあえず記念撮影してると谷底からバイクの音が...。




CRF125おじさんです。

アレッ、インカム切れねえや!って言いながらメットぬぎぬぎ。
京都市内の方で、他にも125から150クラスのオフを持っているそうです。

話を聞くと、どうやら今日通行止めの看板があった高雄方面へも普通に抜けられるようです。
ということで、オッチャンの後をトレースして高雄方面へ下ることに。

・・・オッチャンクッソ速いwww




高雄方面はこんな感じの舗装路。

途中で展望も紅葉も凄い良かったところがあったけど、写真はナシ。
上の写真を撮っていたことで遅れた我々を心配してくれたオッチャンが引き返して来てくれたので、これ以上迷惑はかけられんかったんや...。

嗚呼、優しきオフローダー。




高雄方面の出口です。



16:45頃

で、奇しくも集合場所になってしまったローソンまで下山。
舗装路物足りねぇな~なんて言いながらすっかりオフローダー気分のワッキーです(笑)。
しかし2人してクッタクタになってしまったので、今後の課題は操作技術よりも先に筋トレかな。





その後は宝ヶ池のWILD1で買い物をして、ワッキーオススメのラーメン屋へ。
麺将 重厚軍団の油そばをごちそうに!
肉の塊がデェン!って乗っていて、ニンニクゴリゴリ之麺也。嗚呼、明日勤労戦士。

めっちゃうまかったぜ☆



20:35

そこで別れて、僕はR367にて小浜への帰路をたどる。
上は朽木のローソン。意識が無かったので休憩した。

この道はR303の保坂交差点を越えて、福井の熊川宿まで下りないと休憩ポイントが無いところが危ない。
そこと、この写真のローソン&向かいにある道の駅くつき新本陣くらいしか無い。

前日のバイト上がりからのCLで小浜までかっ飛ばしたのと、林道で消し飛んだ体力ゲージが原因ぽいすね。


で、小浜に戻ったのが21時50分くらい。
通学の使用許可の理由から、XLRは小浜に留守番です。
そこからCLに乗り換えて、残りの30kmを走りきってツーリング終了!
全行程約280kmでした。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
新カメラ
2018年11月23日金曜日

お手紙一つ



前略 北海道へ

お元気ですか。
こちらは今夜、とうとう5℃を下回ったところです。
北海道様におかれましては、今年も相変わらずシベリア寒気団に付きまとわれていることと存じます。

さて、唐突のお手紙には理由があります。
私は、やはり今年も、貴方様のその広大な懐に一抹の足跡を残したいと考えている次第です。
忘れられない、あの息も凍るような凍土に、もう一度、もう一度だけ降り立ちたい。
その清浄な大気の感触を肌で味わいたい。

来る日も来る日もアルバイトに明け暮れ、
あーでもないこーでもないとギヤーについて考え、
ついに卒業研究すら蔑ろになるとも、
その想いの膨れ上がることは留まりません。
そろそろ気が狂いそうです。キチィ。(´◔౪◔)

・・・。

今年はH30.12.25に借家を発つ予定です。
その数日の後、きっと海路にて入北致します。
どうかその時まで、待っていてください。




P.S.


そろそろ冬になりますので、ヘッダーを冬仕様にしました。
秋は"しっとりとした絶妙な雨"をコンセプトとしましたが、今度は澄んだ空気がイメージのヘッダーです。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
2018年11月21日水曜日

青春バイク野郎は厳寒期ツーリングの夢を見るか?



テントを出ると、重い空気が肌に刺さる。

空気は宇宙を透かし、空はどこまでも深い。
遠くの山々は朝日を浴びて朱く輝き、未だ陰っている足元には締まった雪。
起きがけに飲む一杯の紅茶が、まるで氷のように固まってしまった身体を溶かす。


・・・僕は、、、僕はいったい何を目指して走っているのだろう。
何をこんな、ただひたすらに耐えるだけの場所に来たのだろう。

分からない。
分からないけれど、でも、そういうことなんだろう。

ここにいて、この道を走ってきたということが、理由なんだろう。
そしてこの道を走っていくことが、この場所にいる理由なんだろう、...と思う。
漠然とした答えしか無い問題だってある。


あぁ、自由なんだ。

蒸されながら待つ長い車列も、
どこに行ってもいる観光目当ての人達も、
モラルのないハーレーの集団も、
ここには邪魔するものはなにもない。

自由だからこそ、どうでもいいような悩みが浮上するし、それすらも、じきにどうでも良くなってくる。
そしていづれ、人間関係や日常生活といった浮世の何もかもがどうでも良くなってきて、
空が、緑が、大地が、その他あらゆる自然が愛おしいと思うようになる。
人の手の介在しない清浄な存在が、生きる力を与えてくれるようになる。
そのことに、気づけるようになる。

言葉なんて要らない。
言葉は雄弁に語るが、語ることが精いっぱいだ。
感じられるようになってやっと理解できることもある。
旅は、それを教えてくれる良い教師であった。


冬の北海道の追憶に、そんなことを考えた。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
2018年11月18日日曜日

Blogカテゴリ見直し・機材新調

どうも、heliumuです。
最近は寒くて、朝の自由な時間がめっきり無くなりました。
全部お布団の愛が包み込んでくれます。残念です。


さて、タイトルのはじめの部分。
このブログのカテゴリ分けですが、最近は迷ったらもう"雑"カテゴリに丸投げしていました。
が、やはり自分が過去の記事を探すときにもめんどくさいことに気づいたので見直しました。
今後共少しずつ変化するかもしれません。



タイトル2つ目。

2015年夏・・・記念すべき1台目...
2016年夏・・・記念すべき2代目...
2017年夏・・・記念すべきフィルム1台目...(もうお解り?)

そして2018年秋・・・一つの箱が届いた...




記念すべき3台目のディジタル一眼レフだ!!!


自身1台目のOLYMPUS E-M10(初代)、及び北海道で買った2台目のPENTAX K-70は既に売却済み。
残る1台はまさかのPENTAX MXというフィルムで、「フィルムだけでもいいかなー」なんて思っていた時期が私にもありました。

手軽さが全くねぇ...
フィルムたけぇ...。


と、言うことで。

学生ローン戦士決めて前から欲しかった富士フィルムのX-pro2を購入しました。
システムはまさかの23mm(単)と90mm(単)です。
OLYMPUSのシステム以外は(てっかPENTAXのシステムは)単焦点で生きてきたので、今回も単焦点2本から始めようと思います。


さぁて、CLとX-pro2のダブルローン、今日もバイト頑張っちゃうぞ!()

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
2018年11月12日月曜日

CL50オイル交換 odo:24000km



敬愛するTitanicのオイルに交換。
スペルだけじゃチタニックかタイタニックかわからんけど、Amazonに書いてあるから多分チタニック。

因みに、いつもはHonda G2 10W-40YAMAHA プレミアムシンセティック 10W-40
晩秋、初春はこのTitanicの5W-30で、真冬は0W-20G4 0W-30
高いなぁとか柔らかすぎるなぁって思うときは安モンとブレンドっすわ。


交換後、バイト上がりに夜の27号を回して帰った。
コンビニで一杯のコーヒーを煽って、家に帰るためにキーを回してキックする。

・・・スカッ!!
・・・スカッ!!
トゥルル~~ン ポポポポポポp...

圧縮が...
これは油温上がりすぎてバルブ開きっぱなしパティーンですねぇ...(名推理
つまり、暖まると金属が膨張して、タペットクリアランスゼロになるやーつ。
0.06mmで調整してみるかな。

因みに、クラッチ板が逝ったフィーリングに似てたけど、翌朝キックしたら元の圧縮に戻っていた。

5W-30はまだ早かったか。


オイル交換:
RedMonaka 240000km

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
だからCL50増車の話を先に書けって言ってんだろ!!!
2018年11月11日日曜日

2018.11.10 Diary_挙原の林道


午前、Jas子のエンジンに組み込むバルブが届いた。
眠たかったので、受け取った箱を抱いて二度寝。
昨晩は3時まで本を読んでいたのだ...。

12時になって、n日目のカレーを解凍しつつバルブシートを叩きまくった。
インティーク側のでっかいバルブを使いまわそうと考えていたけど、
手元に2本ある中古バルブはどちらもノッキング疑惑があったんだよなこれが。
これでヘッド周りは概ね問題なし。


さて。

冒頭の写真は、実家へ帰る途中に撮ったものです。
実家で用事をとっとと済ませて、適当にじいちゃん家にでも寄ろうかと考えながらアパートのドアを開けると、まさかの秋晴れでして。
それで、27号を東に走りながら遠くに見える山々の彩りを眺めていたら魔が差して、以前父親から聞いていた林道にふら~っと突撃しちゃった。




ま、残念なことに道を間違えて行き止まりにぶち当たりましたが。
目標とする林道は第四か第五の工区ですが、なんとまあ第一工区というかなり"下(しも)"の道を走っていたようです。
最終的には稜線上でつながるようなのですが、第四か五のほうが眺めがいいとこまで走れるらしい(父親談)。
だってぇ、泥んどろんのヌベンヌベンの道だったから違う道だと思ったんだもん(ギャル風)。

余談ですが、親父は土木関係の仕事です。
バイクには乗っていません。




( ^ω^)「ドロドロのCLはかっこいいなぁ。」
(;^ω^)「(CL増車の話はまた今度だ!)」


ちなみにこの林道は、国道162号から分岐する福井県道35号 久坂中ノ畑小浜線を走り、
木谷地区の更に奥、挙原の付近から百里ヶ岳山系のどっかしらの尾根に登る林道です。
県道の時点で既にドロドロの未舗装路で、サスがビジバイなCLだと走り甲斐があります。

残念ながら未だ林道は完工しておらず、大好きなおにゅう峠も目と鼻の先にあるのに、この場所からは登れません。




それにしてもパーコレーションが酷いです。
まあ走るし大丈夫か。




で、実家に帰って用事を済ませると、父親が「肉行こうぜ肉肉肉にk」って誘ってくれたので五味焼に行きました。
メッチャローカルで身内なネタですが、久しぶりの牛だったので。
父親とサシで話す機会ってのはなかなか無いわけですが、そろそろ普通車が欲しいって言ってました。
十数年育ててくれた恩返しとして買ってやりたいなぁとも思いますが、僕はひとまず食費すら怪しいので明日もアルバイトに勤しみます。

社会人になってからだな。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
Diaryってラベルを作ってみました
2018年11月8日木曜日

圧縮が消えた日(5日目)


本日は晴天や...
学び舎から見える青葉山がカラフルや...

このバイクは後の記事できっと触れるのでスルーで。




で、学校から帰るとすぐに○川のオッチャンが例のブツを届けてくれた。
どっきりどっきりDON DON!なヤフオクシリンダー。
前のシリンダーはオイルリターン経路が酷かったけど、さてこいつはどうだ...





(  ^ω^)wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


(^ω^)wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwww


クリアランスどうなってんねーーーーーん!!!!!!


ピストンがシリンダーにインストールされた状態で送られて来たが...
まさかまさかのキツキツを越えてぴったりサイズだった...。

無理やり押し込まないと入らない...
手元にある別の50mmを使えば多少はマシになるけど、鉄シリンダーでこれはなぁって感じのクリアランスにしかならなさそう...
ってことは前に使ってたヤフオクアルミシリンダーか、追加購入だなぁ。

難儀しています。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
2018年11月5日月曜日

圧縮が消えた日(4日目)

「チーズとキムチを追加した5日目のカレーはおいしいなぁー」

SAO-Aを見ながら思うわけですよ、ぼかぁ。
作り置きのカレーは日を追うごとに旨味が増しますが、期待値は減少します。
ならばトッピングで対処すればよいのです。
あっ、僕は...天才なのでは......。


・・・。

さて、早くも圧縮が消えた4つ目の記事です。
2年目の年越し宗谷を書き終えてもまだまだ大量にネタは残っとりますが、それは置いておいて。

とりあえず結果から書くと、ヤフオク97ccに決定しました。888888888

まあ、カフェカブ青山を諦めてせっせこバイトしても15k Yenほどしか捻出できなかったのでしゃーないわけですよ。
JUNやタケガワはその倍必要なので、今回は見送りです。
安さで購入を決めるのは良くないわけですが、そうも言ってられない場合は例外。

で、このヤフオク97ccはほぼほぼタイカブ100EXと同仕様です。
"ほぼほぼ"としたのは、ピストンに関して、トップの角の切削量やピストン裏形状といった、単純な精度以外の部分が多少違うからです。
でも圧縮比等への影響は無いような、微々たる違い。
素材の違いや裏面加工の違いによる放熱性、重さによるピストンスピードの違いはありますが、そのままでも自分でペーパー当てれば使えるくらいのもんだと思います。

(あっ、あとシリンダーブロックのオイルリターン経路が酷い。)

まっ、このピストンは得体が知れなさすぎるので使わないとして。(笑)
今持っている50mmピストンは以下の通り。

1.この前使った100EX純正の50mm
2.ホンダ車の謎50mm
(3.ヤフオク97cc付属の50mm)


昔maniacさんから50mmのハイコンプピストンが出ていたのですが、今は出て無いようです。
できればこれを使いたかったのですが、無いものはどうしようもない。
そこでパーツボックスを漁ってみると、何故か謎の50mmピストンがあったのでこれが使えないか思案中。
うーん、前に97cc作った時になんかのパーツが流用できそうだ、って云って買ったんだよなぁ。




で、ピストンピン部分で合わせてみるとどうもheightが低い。
ただ、ピストン中央が若干盛り上がっているから使えなくもないのではないだろうか。
・・・しかし、バルブリセスもまた大きい。

どうしたもんかねぇ。
どっちのが圧縮高いんだろう(笑)

多分、中央がへっこんでいることを考えれば、タイカブ100EXよりも圧縮は高いと思う。
推定(ガチで目算)9~9.1くらい。
あっ、書いていて気づいたけれどピストンリングの厚さが違うやこれ。

まあ、今回は信頼性が必要なので1.の純正ピストンにしたいと思います。
ピストンリング付近のオイル経路が多いのと、謎に比べるとスカートの厚みがあること。
それに、なんといっても「存在する仕様」であることが、信頼性の理由。

組み手が組み手なのでその信頼性も灰燼に帰す可能性が高いですが、できるだけ善処したいと思います。(キリッ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
気が向いたら4のピストン使って別のエンジン組んでみたい
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...